胃がんの食事療法

i327vet.exblog.jp
ブログトップ

進行した胃がんでも、もう手遅れとは言わせない

日本人で最も多いがんは胃がんです。
胃がんに限らず、がんは発見が難しく、気がついた時にはすでに末期、ということが多いようです。
こうなると外科的手術は不可能だから、抗がん剤治療ということになります。
抗がん剤は副作用が大きく患者さんには苦しい思いをしてもらわなくてはなりません。
そしてこの抗がん剤、扱いが難しいのですね。
抗がん剤に長けた医師が少ないのが現状で、効果のある患者とない患者との見極めが大変です。
また一時は効果があっても、しばらくすると抗がん剤の効果がなくなる場合もあります。
がん細胞をやっつけるのは免疫細胞です。
免疫細胞が、がん細胞を排除しているわけです。
ですから副作用のないがん治療を行うためには、免疫系を強化すればいいわけですね。
進行がんでも治癒の方法はあります。

  ⇒ 免疫を強化する井上俊彦の食事療法
[PR]
by i327vet | 2009-07-10 16:15 | 食事でがんを治す